インフルエンザウィルス残存率

こんばんは,いし胃腸科内科の小児科医の松原央です.

 

最近,インフルエンザ関連のキーワードでブログに来ている方が多いので,

 

今日はインフルエンザのお話です.

 

インフルエンザの罹患した場合,保育園,幼稚園,小学校などの学校や職場に

 

いつになったら行って良いのか」と質問を受けます. 

 

学校保健法では,インフルエンザは以下のように定められています.

 

解熱した後,2日を経過するまで」 

 

昭和33年に施行されたものですから,抗インフルエンザ薬が登場した

 

21世紀には適さないかもしれませんね.

 

 

こちらは,2007年1月の日経メディカルオンラインの記事.

 

「解熱時からの経時的ウイルス残存率」です

 

インフルエンザA型,B型は共に,解熱後3日でも、10数%に残存しています.

 

先ほどの,学校保健法に従っても10人に1人以上はウィルスが体内に

 

残存しています.つまり,この状態でも友達に移す可能性があるということです.

 

こちらは,2007年11月の日経メディカルオンラインの記事.

 

「発熱時からの経時的ウイルス残存率」を示したものです.

 

無治療群とオセルタミビル(タミフル)治療群の比較で,明らかに治療群の

 

ウィルス残存率は低くなっています.

 

発熱1日目に迅速検査で陽性になり,直ちに治療を開始しても

 

治療開始5日目にA型で12%,B型で4%もウィルスが残存しています.

 

これは,タミフルを飲み続けた結果であり,解熱し,途中で内服をやめた例では,

 

体内にかなりの量のウィルスが残存し,周囲に排泄している可能性が高い

 

そう考えるとタミフルやリレンザ使用例なら,5日間の投与終了後に解熱

 

していれば良いかと思われます.

 

こちらは,2010年12月の日経メディカルオンラインの記事.

 

河合直樹氏による「抗インフルエンザ薬の種類」です.

 

私も「ラピアクタ,イナビル(抗インフルエンザウィルス薬)」で紹介しました.

 

これと,ウィルスの残存率を考えると,イナビルのように1回の吸入で,

 

治療が終了するのは,途中で内服や吸入をやめる例がでないので,

 

インフルエンザの流行は少しは抑制するのではないでしょうか?

 

ただし,問題はイナビルが治療1日目しか使わないことです.

 

5日間の投与終了後に解熱」のルールが使えません.

 

医者泣かせな薬剤です.

 

こちらも,2010年12月の日経メディカルオンラインの記事.

 

2010-2011シーズンの仕様優先順位アンケートののグラフです.

 

これまでの実績があるので,タミフルがダントツです.

 

イナビルとリレンザでは,吸入回数でイナビルがやや上回ったのでしょうか.

 

私自身は,いずれの薬剤も処方しています.

 

状態が悪い方にはラピアクタも使用し,切れ味が良い印象があります.

 

インフルエンザ患者に,抗ウィルス薬を投与すべきか?という大前提がありますが,

 

新型インフルエンザは呼吸症状の悪い方がいるので悩まされます.

 

 

 

読んでくれた方はこちらをポチっとな

   V

   V

   V  

にほんブログ村 病気ブログ 子供・赤ちゃんの病気へ

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へにほんブログ村

 

 

人気ブログランキングへ

 

 

 

 

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    星野 (火曜日, 15 3月 2016 23:54)

    B型インフルエンザに罹患して、様々なウェブページを見ましたが、このようにデータを示しての説明は、ここだけでした。とても説得力がありました。ありがとうございました!