赤あざ,青あざ,茶あざ,黒あざ

こんばんは,いし胃腸科内科の松原央です.

 

10日の夜に,小児科の勉強会に参加しました.

 

一つ目は,『小児皮膚疾患のレーザー治療』についてです.

 

講師は,山中皮膚科スキンケアニックの山中清光 先生です.

 

「あざ」の治療について講演を聴きました.

 

小児科の診察は全身が対象なので,「あざ」もよく診かけます.

 

すでに,治療後の子もいれば,治療中の子,未治療の子など様々です.

 

「あざ」を大きく分けると以下の4つです.

 

赤あざ(単純性血管腫,いちご状血管腫,毛細血管拡張症)

 

青あざ(太田母斑,異所性蒙古斑)

 

茶あざ(扁平母斑,遅発性扁平母斑)

 

黒あざ(ほくろ:色素性母斑)

 

 

私が小児科医になりたての頃,いちご状血管腫は成長とともに

 

無くなるから経過観察で良いといわれていました.

 

確かに無くなるものは多いのですが,完全に消えないものもあります.

 

顔や首などにあると両親は大変気になりますし,本人も幼稚園に

 

行く頃になると友達の目を気にしはじめるようです.

 

これは,いちご状血管腫だけではなく,母斑なども同様です.

 

「あざ」にはレーザー治療が良い適応のようです.

 

保険も利きますし,「あざ」が小さいうちから始めると

 

治療回数も少なくてすむようです.

 

山中先生の講演では,先生のホームページにある写真を含め

 

たくさんの治療例を提示して,わかりやすく説明してくれました.

 

治療の時間も,小さければ数秒で終わるものもあるようです.

 

ですので,数ヶ月の赤ちゃんでもレーザー治療が必要と判断すると

 

行なっています.また,レーザーには様々な種類があり,

 

疾患に応じて使い分け,さらに新世代のレーザーを使うと

 

きれいに治るようです.

 

北海道内でも,レーザーを数種類用意しているクリニックは,

 

少ないようで,さらに経験が治療結果に影響を与えるようです.

 

市内でレーザー治療を積極的に行なっているのは,山中先生のクリニックや,

 

もう1人の講演者の根本先生の札幌皮膚科クリニックで,経験も豊富のようです.

 

全身麻酔が必要な場合には,市内の病院の形成外科へ紹介し,

 

治療を受けてもらうようです.

 

「あざ」でお悩みの親御さんは,かかりつけの小児科や皮膚科で

 

レーザー治療について相談してみると良いでしょう.

 

今回の講演を聞いて,私も「あざ」に対する認識が変わりました.

 

 

読んでくれた方はこちらをポチっとな

   V

   V

   V  

にほんブログ村 病気ブログ 子供・赤ちゃんの病気へ

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へにほんブログ村