院長ごあいさつ

はじめまして.

たんぽぽ小児科院長,松原央です.


現代の日本は子育てを取り巻く環境も年々変化してきています.

核家族化,女性の社会進出,福祉事業の不備,長引く不況など

少子化が叫ばれつつも,

相反するように子育てが厳しい時代であると言わざるを得ません.

そうしたなか地域に根ざした小児科クリニックは,

お父さん,お母さんが安心して
子どもを育てていくことができる一翼を担うものであり,

たんぽぽ小児科は医療を通して

そのお手伝いをさせて頂きたいと願っています.

 

たくさんのご縁に恵まれ,多くの方のお力添えをいただいて
「たんぽぽ小児科」が生まれて3年半が過ぎました。

ここを訪れてくださったすべての皆様に感謝しております。

 

これからもお子様の笑顔のために

誠心誠意自分の使命を果たしてまいります.

病気のことはもちろん,子育ての不安などお気軽にご相談ください.

 

平成29年4月27日

プロフィール

名 前   :松原 央(まつばら ひろし)

出身地   :北海道帯広市

好きなこと :食べ歩き

好きな本  :春秋・戦国時代の歴史小説

好きな飲物 :コーヒー

好きな食べ物:魚介類

好きな言葉 :楽即能久

出身校

昭和59年 札幌市立簾舞中学校卒

昭和63年 北海道札幌旭丘高等学校卒

平成  7年 旭川医科大学医学部卒

職歴

旭川医科大学附属病院小児科

旭川厚生病院小児科

名寄市立総合病院小児科

国立がんセンター中央病院小児科 レジデント/専門修練医

京都大学医学部附属病院小児科 医員,助教

いし胃腸科内科 副院長

専門医・学位

日本小児科学会 小児科専門医

日本小児科医会 「子どもの心」相談医

医学博士(京都大学)